みんなで解決!質問ひろば

Viクチルの今後について 現在はVoクチルを使用していてグレ5-6を往復している状態です。 今後のグレフェスのことを考えて限定雛菜のガシャを回すべきなのか迷っています。ずばり今後Viクチルがまともに運用できるようになる可能性ってあるんでしょうか? 個人的には、Voと違って優秀なサポートが少ないというのもあるのでしょうがノクチルのサポートのみで考えてみてもはっきり一線級と呼べそうなものは現状雨情のみでpoooolや思い出にもならない、Re:Birthなど育成においてもイマイチなカードが多い印象です。 Vi編成に寄せたサポートカードが既に実装されているにもかかわらず、ここからさらに限定サポートなどでVi編成のテコ入れがされる可能性、または過去にそういったテコ入れが行われたことってあるんでしょうか?ご教授いただければ幸いです。
1

ベストアンサー

ぷっぷかさん

回答スコア
ベストアンサー数
296
参考になった数
429
回答数
495

2021/09/27

手持ち次第な部分もありますし、今後環境が変わる可能性もあります。 現時点での自分の印象を参考程度で。 ■今後Viクチルがまともに運用できるようになる可能性 4T迄で終わる環境ならVoの方が強く、4T以上ある環境ならViの方が強い印象です。 Viノクチルは全体的に「3T目から本気を出す」みたいな性能が多いので、今期のような環境にはあまり向かないです。 そもそも今期のような環境だったら「≠撃て」となるので、ノクチル以前の問題ですが。 それでも雛菜は思い出追撃Vi2倍持ちなので、Vo程ではないにしても高速環境でも戦えるようになるのかなとは思います。 ■ノクチルの性能 pSSRでリアクション回避付与は円香と雛菜しかできず、pSSR円香&雛菜やsSSR透&円香のパッシブ条件を考えると立ち回りに工夫を求められる性能だと思います。 その分4.5T目に思い出フィニッシュをするのであれば非常に強いと思います。 限定sSSR、円香はともかく透は悪くはないけれど強くもない印象。 GRADだと体力サポートよりもVi体力の方が欲しいし恒常2人も持っているので余計にそう感じます。 小糸と雛菜は恒常のサポートスキルはひらめきDaMeの中ではかなり優秀な部類(比較対象に問題があるとも言えますが) 特に雛菜は4凸スキルでリアクション回避が付与できるのが大きいです。 ただし限定のひらめきDaMeは優秀なViアイドルが揃っているので小糸は採用され難いです。 ■Vi編成のテコ入れがされる可能性 Viノクチルは限定pSSRが4枚sSSRが2枚で恒常も3枚あるので、次回の【永遠の方程式】風野 灯織 等の他ユニットのsSSRで強化される可能性はありますが、Viノクチルが実装されることは暫く無いかと予想します。 ですがVoのsSSRが最近あまり追加されていないのもあり、今後も今のようにVoノクチルが戦えるとも言い切れません。

twitterでシェアする

アイドルマスター シャイニーカラーズ

「アイドルマスター」シリーズ最新作が、スマートフォン向けブラウザゲームで登場! 新たな事務所「283(ツバサ)プロダクション」を舞台に、アイドルを羽ばたかせよう! ■新たな舞台、新たなアイドル■ シャイニーカラーズの舞台は、新たな事務所「283(ツバサ)プロダクション」! 新人プロデューサーとなって新世代アイドルを育成し、トップアイドルに導こう! ■本格アイドルプロデュース!■ プロデューサーとして、レッスンやお仕事、オーディションなどの行動を選択!限られた期間の中でアイドルとしての能力を磨き、ファン数を増やそう! 担当アイドルが夢の祭典「W.I.N.G.」に出場できるかは、プロデューサーの腕次第! ■アイドルと信頼関係を深めよう!■ アイドルと信頼関係を築くのもプロデューサーの大切なお仕事!朝の挨拶からライブ直前まで、コミュを通じてアイドルを支えよう! 見事コミュニケーションに成功するとアイドルのテンションが上がり、プロデューサーとの「思い出」が深くなっていきます! ■育てたアイドルで、ライブ対戦!■ プロデュースしたアイドルでオリジナルのユニットを組み、他のライバルプロデューサーとライブ対戦!プロデュースの手腕を競い合い、目指せ、アイドルマスター! ■enzaだから、手軽に遊べる■ 長時間のインストール不要で、いつでもどこでも手軽に遊べる! 新時代のプロデュース体験がここに実現! 【その他お問い合わせ】 <a target="_blank" href="https://bnfaq.channel.or.jp/contact/faq_list/1921">https://bnfaq.channel.or.jp/contact/faq_list/1921</a> THE IDOLM@STER™& ©Bandai Namco Entertainment Inc.

Now loading...